• HOME
  • 債権の消滅時効の中断

債権の消滅時効の中断

福岡弁護士  
 債権は,長期間回収できない状態がつづくと,時効により消滅してしまうことがあります。
  
 時効により債権が消滅してしまわないように,時効を中断するには,債権者から「請求」したり,債務者から債務の「承認」を得たり,債権者が「差押え,仮差押または仮処分」を行ったりする必要があります。

 ところで,「今まで口頭で何度も督促してきたが,支払ってもらえません。」というお話をよくお伺いしますが,裁判外での請求は「催告」と呼ばれ,6ヶ月以内に裁判上の請求などを行わないと時効中断の効果は生じません
 
 時効消滅までの期間は,一般的な民事債権は10年となっておりますが,商行為によって生じた債権は原則として5年と定められていたり,その他様々な法律で,それより短い期間が定められているものもあります。また,時効をいつから起算するかという点も,契約の内容によって変わってきます。

 従いまして,債権の管理という意味でも,早い段階で専門家へ相談されることをお勧めいたします。

 

ImgTop9.jpg


福岡で債権・売掛金回収は安部健志法律事務所へ

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

解決事例

 

解決までの流れ

 

アクセスマップ

 

債権回収・売掛金回収に関する法律相談は初回30分無料です。